HOME >  G級関連 >

これさえ作れば大丈夫!オススメのGF珠とGX珠-2014年秋版

オススメGF・GX珠

今年の3月に執筆した『 これさえ作れば大丈夫!オススメのGF珠とGX珠 』の第二弾でございます。半年以上経ち、あの頃とは主流となる装飾品もだいぶ変わりましたね。ということで、今回も装備シミュしていると引っかかりやすい何かと便利な装飾品を紹介します。

前回と同様、なるべく複数の装備で使いやすい装飾品をまとめましたが、私の好みも多少入っているのでご留意くださいまし。
また、“複数の装備に使い回ししやすい装飾品”というコンセプトで選んでいるため、強くてもごく一部の装備にしか使わないような装飾品もオススメからは外しています。御了承ください。

グレンGX、グレンGFシリーズ(剣珠)

グレン剣珠GF(剛撃+2,怒+2,達人+3)
グレン剣珠GX2(剛撃+2,怒+2,達人+3,三界の護り+2)

真打も発動させやすくなった今となっては出番も減りましたが、剛撃を発動させたい場合以外にも、怒や三界が若干足りない時にも使えたり、なんやかんやで使いやすい装飾品。ハンターナビの報酬でも入手できるようになったので、G級ハンターの方は大体所持しているのではないでしょうか。

G級になったばかりの方は、まずはグレン剣珠GFを目指して頑張ってください。

ディスGXシリーズ(射珠)

ディス射珠GX5(扇射+2,一閃+2,三界の護り+2,怒+2)

扇射はガンナー専用スキルではありますが、剣士でも発動。剣士にもガンナーにも使用可能で、”一閃・三界の護り・怒”と、必須スキルも揃っている装飾品なので、とりあえず作っておくといろいろ使いまわせて便利です。ただ、なぞの輝く塊を強化に使うのがネック。

ソルGXシリーズ(剣珠/射珠) 

ソル剣珠GX5(刀匠+2,痛撃+2,達人+3,一閃+2)
ソル射珠GX5(扇射+2,痛撃+2,達人+3,一閃+2)

ポストディス珠。剣士もガンナーもディス珠と似たような性能ですが、こちらは痛撃付き。ソルの方が使い勝手は良いですが、三界と怒ならディスGX、痛撃と達人ならソルGXと使い分けできるので、両方とも作っておいても損はないかと思います。

ジェビアGXシリーズ(剣珠/射珠) 

ジェビア剣珠GX1(刀匠+2,怒+2,斬れ味+3,三界の護り+2)
ジェビア剣珠GX3(刀匠+2,怒+2,斬れ味+3,一閃+2)
ジェビア剣珠GX5(刀匠+2,怒+2,斬れ味+3,痛撃+2)
ジェビア射珠GX5(扇射+2,怒+2,反動+3,一閃+2)

ポストディス珠その2。ガンナーの方はGX5を作ればOKですが、剣士の方がGX1,GX3,GX5と、どれも使いやすい性能なので、場合によっては何個も作らされることになります。あえて言えば、ジェビア剣珠GX3が一番出番が多いでしょうか。

ジェビアの射珠は反動も付くのでボウガン向き。剣士や弓で使いたい場合はソル・ディスで。

ヴァイスGXシリーズ(剣珠) 

ヴァイス剣珠GX2(一閃+2,刀匠+2,剣術+2,痛撃+2)
ヴァイス剣珠GX4(一閃+2,刀匠+2,剣術+2,三界の護り+2)

ポストディス珠その3。エスピナス希少種から作れる装飾品です。こちらは刀匠に加え、剣術が発動します。痛撃・達人のソル、斬れ味・怒のジェビア、剣術のヴァイスと、スキル構成によって刀匠の装飾品も使い分けたいですね。何個も同じような装飾品を作るのはちょっとしんどいですが(◞‸◟)

ヴァイス射珠も扇射が発動しますが、こちらは耐状態異常も発動してしまいます。使い勝手が悪いと言うほどではないものの、使い回ししやすいかの点で見れば微妙なので外しました。

プランダGXシリーズ(剣珠)

プランダ剣珠GX1(吸血+3,一閃+2,達人+3,痛撃+2)
プランダ剣珠GX2(吸血+3,一閃+2,達人+3,三界の護り+2)

バルラガルから作れる装飾品。前回は「一閃と達人が発動する装飾品」として紹介しましたが、今回は穿龍棍用装備としてオススメ。これも両方作っておきたいですね。

エスピナGXシリーズ(剣珠)

エスピナ剣珠GX2(剛撃+2,怒+2.属性攻撃+3,痛撃+2)

属性攻撃系のGX珠があれから出ていないので、前回と引き続きオススメに加えました。

レウス剣珠GX5も似たような性能ですが、”怒+2,属性攻撃+3,斬れ味+2,剛撃+2″と、ガンナーだと不要な斬れ味が付いてしまっているので、剣士・ガンナー両方で使いやすいのはエスピナの方。余裕があるなら両方とも作っておいた方がいいですが。

フランGXシリーズ(剣珠/射珠)

フラン剣珠GX4(劇物の心得+2,三界の護り+2,食事+3,鼓舞+2)
フラン剣珠GX5(劇物の心得+2,三界の護り+2,食事+3,喝+2)
フラン射珠GX1(溜め短縮+3,剛撃+2,弾丸節約術+2,怒+2)

フラン剣珠はラスタや片手剣、フラン射珠GX1はヘビィボウガンに。特にフラン射珠GX1は、ヘビィを使う方なら量産しておきたい装飾品です。溜め短縮も+3なので、場合によっては大剣・ハンマー用の装備にも。

グラビデGXシリーズ(射珠)

グラビデ射珠GX1(弾丸節約術+2,剛撃+2,砲術師+3,怒+2)

グラビデはグラビモス亜種の装飾品なので、生産の際はグラビドとお間違いなく。

ペルセGXシリーズ(射珠)

ペルセ射珠GX3(一閃+2,反動+2,怒+3,射手+2)
ペルセ射珠GX
4(一閃+2,反動+2,怒+3,装着+2)

狩人祭防具ですが、現時点では唯一、怒+3なのがこのペルセ。射珠の方は欲しいスキルが揃っているので、ボウガン・弓をよく使う場合は狩人祭に勝った時はぜひとも作っておきたいですね。

ペルセ剣珠GXも怒+3で使い勝手も悪くはないですが、研ぎ師+3も付いてくるのが残念なポイント。祭に勝たなければ作れない少し難易度の高い装飾品なので、オススメからは外しました。

ヒプノGXシリーズ(剣珠/射珠)

ヒプノ剣術GX1(鼓舞+3,三界の護り+2,広域+3,支援+2)
ヒプノ射珠GX2(鼓舞+3,三界の護り+2,調合師+2,支援+2)

現時点で唯一スキル『支援』が発動する装飾品です。激励や広域といった、他のプレイヤーをサポート出来るスキルが充実しています。

ヒプノ珠を作る方は大体ラスタ装備用に作るかと思いますが、ヒプノ剣珠GX1はサポート狩猟笛用に、ヒプノ射珠GX2はガンナーで調合師のポイントだけが少し足りない時にでも後々使用可能でしょうか。

まとめ

複数の装備に使用しやすく、長く使えそうな装飾品を集めました。当然ながら作りたい装備をシミュレーションして、必要な装飾品を作るのが一番ですが、これらの装飾品は出番も多いので、作っておくと便利かと思います。

重ねてになりますが、生産の際は作る部位を間違えないようにご注意ください。