Xbox360をHDMIで録画&SS撮影可能!USBHD368の使い方とGOMプレイヤーで静止画キャプチャー方法

アイキャッチ

HDMIキャプチャーボードのUSBHD368の使い方を紹介します。
以前書いたSS撮影・動画で使用している機材紹介記事の詳細になるので、購入を検討している方はそちらの方もぜひご一読して下さると幸いです。

[追記]
当ブログは2013年の4月以降からUSBHD368ではなく、SK-MVKLを使用して動画撮影とSS撮影をしています。USBHD368もかなりオススメなキャプチャーボードですが、PS3もキャプチャーしたいのならSK-MVKLの方がオススメ。

SK-MVKLの使い方とUSBHD368と画質比較はこちら→MonsterXLive SK-MVXLの使い方

 

Xbox360のキャプチャーに使用している機材

以前も紹介しましたが、自分はUSBHD368というキャプチャーボードを使って
SS撮影と動画の録画をしています。

サンコ- HDMI ビデオキャプチャーボックス USBHD368
サンコー
売り上げランキング: 13,578

他のと比べると極端に安いので、ちょっと不安もありましたがキャプチャソフトも使い心地は悪くないですし、不満は一切ないです。

 

hd368の箱

こんな真っ白で安っぽい箱に入って送られてきました。

PS3はHDCPの関係でHDMIだとキャプチャできないので、他のケーブルで妥協するか、他の機材の購入を検討した方がいいですね><

 

HDMIじゃなくてもいい、高いからいきなりこれを買うのは不安って方は
まずはGV-USB2なんかで軽く試してみるのもオススメします。

I-O DATA USB接続ビデオキャプチャー GV-USB2
アイ・オー・データ (2010-09-30)
売り上げランキング: 44

S端子とコンポジットでキャプチャーできます。

かなり安いですが、性能はトップクラスですねヾ(*・ω・)ノ
今でもHDMIは使用できないゲーム機のキャプチャーではGV-USB2を使用しています。
キャプチャーにアマレコTvとかのフリーソフトを使用できるのが嬉しいところ((^∀^*))

 

キャプチャーソフトのインストール

とりあえずHD368についてきたディスクをPCに入れて
キャプチャソフトなどをインストールし、キャプチャボードとゲーム機をセットしたら
インストールしたVivaStationというソフトを起動します。

 

キャプチャ画面

 キャプチャソフトはこんな感じです。
最初に設定をクリックして画像・動画ファイルの保存先の設定をしたら、あと使う機能は録画とSS撮影のみですね。

 

SS撮影

 こちらの画像はキャプチャソフトのSS撮影で直接画像保存しました。
サイズ変更はしましたが、シャープ・色調整などはしていません。

このような動きのない画像だと直接画像保存しても高画質ですが、アクションゲームなどの激しい動きだと動きがブレますし、何よりゲームをやりながら画像保存するのが難しいので、手間はかかりますが一旦映像を録画してから、フリーソフトのGOMプレイヤーでキャプチャー(画像保存)をします。

 

GOMプレイヤーで映像をキャプチャーする

HD368の映像ファイルはtsファイルというものなのですが、GOMプレイヤーはtaファイルの動画を再生すると、音声はそのままなのに動きだけ早送り状態になるんですよね(´゚∀゚`;)

 

フィルタ

そういう時はF5で設定を開いき、フィルタ→コーデックを選んでH264のチェックを外せば普通に再生できます(*∂ω∂*`)

自分はこれで普通に再生できるようになりましたが、まだ再生に異常があるときは公式サイトの方に解決策がいろいろ載っているので、調べてみたら解決できるんじゃないかなと思います。

あとはctrt+Eで再生画面の保存ができますが、画像の保存先の設定をしておかないと、画像がどこに保存されたか分からなくなるので、キャプチャー前に、ctrt+Gで静止画キャプチャー設定を開き、キャプチャーした画像の保存先と画像ファイルの設定をしてからキャプチャーを行ってください。
画像の設定がよくわからなければJPEGで画質255にすればOKです。

映像を再生しながらキャプチャもできますし、画像保存したいシーンで一時停止をしてctrt+Eでもキャプチャできます。

 

再生画面の保存

 左上に「再生画面を保存」と出てきたら画像保存成功です。

GOMプレイヤーの設定とかがめんどくさければwindowsメディアプレイヤーとか、最初からあるので再生し、PrintScreenキーを押してPCの画面をコピーして、ペイントとか起動してペーストすればOKです。
といっても、面倒なのであまりお勧めはしませんが。

 

画像処理

キャプチャした画像をこのままブログなどにUPするには大きすぎるので、画像保存した後はPhotoShopなどの画像編集ソフトでサイズ変更やシャープ、必要ならばコントラストや色調整などの画像処理をしていきます。

この辺はソフトによって使い方が違うので説明しようがありませんがこれもフリーソフトで十分です(*・ω・*∩

 

まとめ

USBHD368はこのようにして使っています。少しでもUSBHD368を購入したい方の参考になれば幸いです!

ではでは(´・ω・p[゚+。サヨウナラ゚+。]q・ω・`)